青汁は飲み方によって効果に違いが出るって本当?

普段の食生活において不足している栄養価を補うことができる健康食品として、年齢、性別は一切問わずに多くの方が飲んでいるのが青汁です。

青汁はメーカや商品によって色々な原料が使用されています。
主成分も異なるのが特徴になります。

主な原料として使用されるものは大麦若葉で、ケール、ゴーヤ、明日葉といってものも使用されます。
主成分はもちろん、主成分以外にどのような添加物が含まれているのかがとても重要なポイントになります。

青汁の中には飲みやすさを追求し、砂糖などをたくさん使用しているものもあります。
この青汁は、なにをどのタイミングで飲むのかはもちろん重要ですが、同じようにどれだけ続けられるのかが青汁の効果の実感しやすさに大きく関係してきます。

続けやすい青汁の飲み方って?

青汁の味はとても個性的ですので初心者は飲むのにどうしても抵抗を感じてしまうでしょう。
そのため、できるだけ継続して飲むために、飲みやすくする工夫をしてみてはどうでしょうか。

まず青汁に適した時間を把握しましょう。
基本的に青汁を飲む時間にはとくに決まりがありません。
しかし、栄養分を摂取したいのであれば、朝起きてからすぐに飲むのが理想的です。
睡眠から目覚めたばかりの体というのは水分が不足している状態ですので、起き抜けに青汁を飲むと眠気もさめて、水分も摂取できます。

また、食事の前に飲むのもおすすめです。
食事の前に飲むことで食べ過ぎ防止にも役立ちます。
ダイエットを意識している方は、食事の前に青汁を飲むことで、食欲を抑えられます。

栄養も吸収しやすくなります。
血糖値の急激な上昇を抑えることもできますので、血糖値が気になっている方に食前の青汁はとてもおすすめです。

青汁の飲み方で注意すべきポイント

青汁は食品ですので、適量を摂取するというのが最も重要です。
体に良いからといって他の食べ物と同じように摂取しすぎてしまうと体に負担がかかることになります。

飲めば飲むほど健康になるのかといえばそうではありません。
青汁の適正量はメーカー、商品によっても異なりますが、1日に1杯から2杯というのが理想的です。

ただ、まれに青汁を過剰摂取してしまうことによって体に悪影響を与えてしまうこともありますので、持病があるような方は事前にかかりつけ医に相談をしてみてください。

1番飲みやすい青汁はめっちゃ贅沢フルーツ青汁で決まりです。

コメント