青汁の健康効果って?青汁が健康な体を作る?

自分が一日にどのくらいの野菜を摂取できているのかを把握していますか?
野菜を好まないためにあまり食べていない…
調理が大変なので毎日食べてはいない…
そのような方も多いと思います。

厚生労働省においては、野菜の摂取量は1日あたり350グラム以上と推奨されています。
しかし、普段の食生活においては毎日350グラムの野菜を摂取するのは難しいのです。

そこで上手に活用したいものが青汁です。
青汁というのは一度にバランス良く栄養を摂取して、野菜不足を解消できるのです。
また、青汁は日常生活で補給できない成分を摂取できるので色々な健康効果を得ることができます。

免疫力の向上

青汁には免疫力をアップさせる働きがあります。
風邪をさせる効果があり、風邪をひきにくい体作りをしたいと思っている方におすすめです。
免疫力というのは風邪のウイルスから体をまもるために重要な力です。
普段から免疫力をつけておくことこそ、風邪をひきにくい健康的な体を保つ上でとても重要なポイントになります。

健康的な食事を心がけて、腸内環境を整えるようにしましょう。
免疫細胞の7割近くが腸内にあるからです。

青汁に含まれている食物繊維というのは、善玉菌を増加させて、免疫細胞を活性化させる効果があるのです。
便秘が酷いという人も悪玉菌が急激に増加している可能性がありますので、注意しなければなりません。

疲労回復効果

しっかりと休みをとっているにも関わらず疲れが抜けずに、いつも仕事に集中できていない…
そんな方にも青汁がおすすめです。
青汁には疲労回復効果のある成分が豊富に含まれているからです。

とくにビタミンB1不足というのは疲労を溜め込んでしまうとても大きな原因になります。
疲労を溜めてしまう要因としてはビタミンB1が不足しているからです。
ビタミンB1は栄養素をエネルギーにかえる働きがありますので、不足しているとうまくエネルギーが作られなくなってしまいます。
その結果疲れやすくなるのです。

その点、青汁にはビタミンB1が多く含まれています。
クマザサ、ヨモギといったものを原料にしている青汁はビタミンB1をとても多く含んでいます。
そのため、青汁を飲んで不足してしまいがちなビタミンB1を補給しましょう。
さらに青汁の疲労回復効果を高めたいのであれば、青汁にレモンを絞ってみてください。
青汁にレモンを絞ることで、クエン酸が疲労回復効果を高めてくれますよ。

コメント