青汁で辛い花粉症を改善できる?

近年では健康維持のためにと青汁を飲むようにしている方も多いです。
この注目されている青汁には、花粉症をはじめとしてアレルギー症状に対してとても効果が高いといわれています。

青汁が花粉症に効果的といわれるわけ

青汁は元々ケールや大麦若葉、さらに明日葉といって天然の葉っぱから作られている自然食品です。
人工的に手が加えられていないぶん、体には無害であり、有効な成分が豊富に含まれています。
そのなかでも、ケールに含まれている成分、フラボノール配糖体というのは花粉症の原因となる免疫細胞のバランスを整えてくれる作用があります。
元々、人間の身体に存在している免疫細胞にはT1とT2とがあります。

お互いがしっかりとバランスを保つことによって免疫機能が最も理想的な状態を保つことができています。
花粉を体内に吸い込むことによってT2が花粉という異物を攻撃して、排除しようとはたらきます。
T2が大量に作られるのです。

T1のほうはウイルスに反応をするという性質を持っているのですが、花粉の場合にはウイルスではありませんので、T2の量だけが増加していくことになります。
ウイルスに反応をする性質がありますので、数のバランスが崩れてしまい花粉にとても反応しやすい状態になって、そのまま元に戻れなくなってしまうのです。
これが花粉症なのです。

そこで、ケールに含まれているフラボノール配糖体を摂取することによって、敏感になり過ぎているT1、そしてT2の数を調整していくことが重要です。
花粉に花瓶な体質が少しずつ改善されていくのです。

β-カロチン

フラボノール配糖体だけではなくβ-カロチンは抗アレルギー成分であるとよく知られています。
このβ-カロチンはケールに多く含まれているのですが、ケールはどうしても苦味が強いですので、あまり好きではないという方も多いと思います。
子供にとっても苦い飲み物を毎日続けるというのはとても大変なことだと思います。

しかし、花粉症に対して効果的なアプローチができる成分というのは多くありません。
また、花粉症も軽度であればそこまで問題はありません。
ただ室内でもマスクをしていなければならないほどに深刻な状態になっている場合には薬剤を服用しつつ対症療法をとりいれながら、青汁などで体の中を花粉に対して花瓶な状態から解き放っていくということが大切になります。

花粉症の症状を感じるようになり、できるだけ花粉症対策を取り入れていきたい、という方にとっては青汁を飲むのは魅力的だと思います。
ケールを原料としているものですので、体に負担をかけずにすむので試してみてはどうでしょうか。

コメント